今の自分や生活に疑問を
抱いてる人たちが集まった

多様なバックグラウンドを
持っている人たちが一緒に
なって時にわいわいと時に
もくもくと自分探しを始めた

33677395_229374804319005_2002712742972096512_o.jpg

「自分」の生き方、本当の「自分」を見つめ直したい!考えたい! 
  
慣れ親しんでいた環境を離れ、新たなコミュニティに飛び込んでいく春という季節。まわりの人は目標を定め、期待でいきいきとしている中、私は悩んでました。自分ってどういう人間なのかな。興味あることはたくさんある。それに、やるべきこともいっぱいある。が、本当にやりたいことが分からない。そんな自分が嫌い。本気で頑張れるものが欲しい。。
  
太陽の光でぽかぽか暖められて、風が非常に心地良い3月末の湯河原。今の自分や生活に疑問を抱いてる人たちが集まった。多様なバックグラウンドを持っている人たちが一緒になって、時にわいわいと時にもくもくと自分探しを始めた。
  
直感で写真を切り貼りして作品を作って、自分の特徴を読み解いていく。過去の行動を振り返り、事実を受け止めて自分の歴史を言語化する。思い込みというものを外し、まっさらな視点でものごとを捉える。1対1でインタビューしあって相手と自分の人間性を探る。ダンスを通して人との関わりにおいての立ち位置を知る。哲学を基礎から始め自分の感情の根源を見つける。アート鑑賞から自分の感性について考える。
  
様々な視点からスポットライトを当てて自分を丸裸にしていく。すごい辛い作業ではある。今まで目をつぶってきた思い出したくないこと、短所、全てをさらけ出して受け入れていく作業だから。ただ、これをサボってしまうと今までのことを繰り返してしまう。人間的に成長していくことが困難になり得る。たった3日間という人生80年からしたら短い時間ではあるが非常に大切な時間。
  
何に楽しさを感じて、嬉しさ、悲しさ、さらには幸せを感じるのか。見えてくるものが自分の糧となり、進みたい方向へ導いてくれる。やりたいことをやっているのはとんでもなく楽しい。自分のことが嫌いなのはあまり変わらないが、好きになれるかもという希望が少しずつ生まれています。